EC-CUBE

|

EC-CUBEは、日本で作成されたオープンソースのECサイト構築システムです。 ASPではできなかった独自性の高いECサイトが、無料で利用することができます。

インストール内容

EC-CUBE のインストール代行サービスでの標準的な設定内容は以下の通りとなります。

項目 内容
バージョン EC-CUBE 2.11.2
インストールホスト名 www.(ドメイン名)
インストールパス (ホームディレクトリ)/shop/
EC-CUBE URL http://www.(ドメイン名)/shop/
EC-CUBE 管理画面 URL https://www.(ドメイン名)/shop/
対応DB MySQL 5以降 (MySQL 以外のDBには対応しておりません)
対応OS CentOS 5
項目 内容
バージョン EC-CUBE 2.4.4
インストールホスト名 www.(ドメイン名)
インストールパス (ホームディレクトリ)/shop/
EC-CUBE URL http://www.(ドメイン名)/shop/
EC-CUBE 管理画面 URL https://www.(ドメイン名)/shop/
対応DB MySQL 4以降 (MySQL 以外のDBには対応しておりません)
対応OS CentOS 4

インストールホスト名について

インストールホスト名は、標準では「www.(ドメイン名)」ですが、ご希望によりサブドメイン名での設定も可能です(「shop.(ドメイン名)」など)。 この場合、ご利用内容によって申し込み方法が異なりますのでご注意ください。

EC-CUBEのみで利用する場合
ご利用希望のサブドメイン名をご連絡ください。
メール等も利用したい場合
ご利用希望のサブドメイン名で「バーチャルドメインサービス」をお申込みいただき、その バーチャルドメイン へのインストール代行としてお申込みください。

インストールパスについて

インストールパスに関しては、「ドキュメントルート下」ではなく、「ホームページ管理者のホームディレクトリ下(ドキュメントルートと同階層)」となります。

インストールパスの変更も可能ですので、お申込み時にご相談ください。 なお、EC-CUBE をホームページのトップページとして表示することも可能ですが、その場合には通常のホームページと同様のご利用方法はできませんので、ご注意ください。

EC-CUBE URLの設定後の変更について

EC-CUBE URL はインストール時に指定する必要がありますので、変更をご希望の場合は EC-CUBE ご利用開始前にお問い合わせください。

EC-CUBE ご利用開始後の変更に関しては、ご利用状況(カスタマイズ状況)によって対応できない場合が多くあります。個別に調査いたしますので、お問い合わせください。

なお、EC-CUBE URL の変更に関しては、原則として有償対応となります。


カテゴリ

このブログ記事について

このページは、@YMCサポートが2011年10月11日 17:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「WordPress 3」です。

次のブログ記事は「Mailman」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja