標準インストールURLについて

インストール代行サービスでは、アプリケーションインストール時の標準インストールURLを定めております。

標準インストールURL一覧

インストール代行サービスでは、標準で以下の通りのURLでご利用いただけるようにインストールしております。

CMS(コンテンツマネージメントシステム)

アプリケーション名 ご利用URL
Movable Type 5 http://www.(ドメイン名)/MT/mt.cgi
WordPress 3 http://www.(ドメイン名)/wp/
Magic 3 http://www.(ドメイン名)/magic3/
Joomla! http://www.(ドメイン名)/joomla/

コミュニケーションツール

アプリケーション名 ご利用URL
OpenPNE http://sns.(ドメイン名)/
Mailman https://ml.(ドメイン名)/mailman/admin/
SOY CMS http://www.(ドメイン名)/soycms/
NetCommons http://www.(ドメイン名)/commons/htdocs/

ショッピングサイト

アプリケーション名 ご利用URL
EC-CUBE http://www.(ドメイン名)/shop/
EC-CUBE(2009/10/4以前) http://www.(ドメイン名)/eccube/
OpenCart http://www.(ドメイン名)/opencart/

※インストール実施日によって標準インストールURLが異なります

開発支援

アプリケーション名 ご利用URL
Trac http://www.(ドメイン名)/projects/

新規ご契約の場合

新規ご契約お申込み時にインストール代行サービスを合わせて申込みいただいた場合、標準インストールURLでインストールを行わせていただいておりますので、変更をご希望の場合は自由記入欄に変更内容をご記入ください。

また、サービス開始後1週間以内に変更希望に関してご連絡いただけましたら、無償にて再インストールを行っておりますので、ご相談ください。

ご利用URLの変更について

大半のアプリケーションでは、インストール時にアプリケーションを利用するURLの設定が必要となるため、ご利用状況・カスタマイズ状況によりましては、利用開始後の変更がスムーズに行えない場合が多くあります。

そのため、原則として、再インストール(あるいは追加インストール)でのインストール後、お客様にて再度設定・登録・カスタマイズ作業等を行っていただいております。

再インストール(追加インストール)は有償作業となっておりますので、ご注意ください。