EC-CUBE

|

EC-CUBEは、日本で作成されたオープンソースのEECサイト構築システムです。 ASPではできなかった独自性の高いECサイトが、無料で利用することができます。

対象プラン

このガイドはカスタムサーバープラン向けのガイドとなっております。 マネージドサーバーをご利用のお客さまは、インストール代行サービスをご利用ください。

バージョン情報

このガイド作成時点で最新版の 1.3.1a で説明をいたしますが、その時点の最新版をダウンロードしてご利用されることをお勧めいたします。 最新版に関しては、EC-CUBE の公式サイトよりダウンロードをお願いいたします。 http://www.ec-cube.net/

PHP/データベース 利用可能バージョン情報
PHP 4.1.x以上、5.0.x以上
データベース MySQL4.1以上(MySQL5.x系を含む)
PostgreSQL 7.4.x以降

インストール手順

1. データベースの作成

EC-CUBEで利用するためのデータベースを作成します。 phpMyAdminを利用してデータベースを作成しますので、「phpMyAdminによるデータベースの作成について」のページをご覧になり、データベースを作成してください。

phpMyAdminによるデータベースの作成について https://customer.ymc.ne.jp/custom/manual/xxxxx.html

2. サーバーへのログイン

ここで説明する EC-CUBE のインストールには、root 権限でのコマンドライン作業が必要となります。 「SSH による作業について」のページをご覧になり、サーバーにログイン後 root 権限に切替えてください。

SSH による作業について
https://customer.ymc.ne.jp/custom/manual/ssh.html

3. EC-CUBEのダウンロード

su コマンドで root に切替えた後に下記を参考に作業を行ってください。

1. 作業ディレクトリに移動し、wgetコマンドでEC-CUBEをダウンロードする

cd /usr/local/src
wget http://downloads.ec-cube.net/src/eccube-1.3.1a.tar.gz

2. ダウンロードしたファイルを展開する

tar xzf eccube-1.3.1a.tar.gz

3. インストールディレクトリにコピーして、所有者や権限を変更する

cp -r eccube-1.3.1a/html /var/www/html/eccube
cp -r eccube-1.3.1a/data /var/www/html/
chown -R apache:apache /var/www/html/eccube
chown -R apache:apache /var/www/html/data
chmod 777 /var/www/html/eccube/install/temp
chmod 666 /var/www/html/data/install.php
chmod 777 /var/www/html/eccube/user_data
chmod 777 /var/www/html/eccube/cp
chmod 777 /var/www/html/eccube/upload
chmod 777 /var/www/html/data/Smarty/templates_c
chmod 777 /var/www/html/data/downloads
chmod 777 /var/www/html/data/logs

4. EC-CUBEのインストール

インストールはブラウザからアクセスして行います。

1. EC-CUBEにアクセスする

次へ進むボタンをクリックします。 eccube-install_welcome.png

2. アクセス権限のチェック

ファイルのアクセス権のチェックを行います。
アクセス権限は正常です。とすべてに表示されたら、次へ進むボタンをクリックします。
アクセス権限に問題がある場合は、画面に表示されているメッセージに従って該当ファイルのアクセス権を変更し、一旦前へ戻ってから再度チェックを行うか、ブラウザの表示を更新して再度チェックを行ってください。 eccube-install_permit_check.png

3. 必要なファイルのコピー

ファイルのコピーを行います。
コピー成功 とすべてに表示されたら、次へ進むボタンをクリックします。 eccube-install_filecopy.png

4. ECサイトの設定、WEBサーバーの設定

各項目を正しく入力して次へ進むボタンをクリックします。
WEBサーバーの設定は、表示されているままで問題ありません。

eccube-install_config_edit1.png

5. データベースの設定

以下を参考に入力してください。

項目 内容
DBの種類 利用されるDBの種類を選択してください
DBサーバ 表示されているままで問題ありません。
DBポート 空白のままで問題ありません
DB名 データベース作成時に設定した内容
DBユーザー データベース作成時に設定した内容
DBパスワード データベース作成時に設定した内容


すべての入力内容に間違いがなければ次へ進むボタンをクリックします。

eccube-install_config_edit2.png

6. データベースの初期化

データベースの初期化を行いますので、次へ進むボタンをクリックします。

eccube-install_dbinit1.png

7. データベースの初期化

「成功しました。」とすべてに表示されたら、次へ進むボタンをクリックします。
チェックの結果に問題があった場合は、 画面に表示されているメッセージに従って該当する部分を修正してください。 eccube-install_dbinit2.png

8. サイト情報について

EC-CUBE開発元へ情報を提供します。次へ進むボタンをクリックします。 eccube-install_sight.png

9. インストール完了

以上でインストールが完了しました。
「管理画面」をクリックしてEC-CUBEの管理画面にアクセスしてください。 eccube-install_fin.png

10. 管理画面へのログイン

手順4で設定した、「ログインID」と「パスワード」を入力して下さい。
/install/index.phpは、インストール完了後にファイルを削除してください。と表示されている時は当該ファイルを削除してください。 eccube-install_login.png


カテゴリ

このブログ記事について

このページは、@YMCサポートが2007年9月12日 14:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「Ruby on Rails」です。

次のブログ記事は「Trac」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.21-ja